SPECIAL EDITION

ウールニットのお洗濯

平成28年12月1日から、国内外の洗濯表示が統一され、衣類等の繊維製品の洗濯表示が新しい表示に変わりました。
改正に基づき、JOHN SMEDLEYのニットのケアタグも今シーズンより新しい表示に変わっています。

今までのにように日本語での表記がなくなり、見慣れない記号が並んでいるので
どのようにケアすれば良いのか分からない、という方もいらっしゃると思います。

JOHN SMEDLEYのニットについている新しいお洗濯表示の内容をご案内いたします。

サブタイトル01

care表示画像

洗濯機で洗えるとの表示になっていますが、JOHN SMEDLEYのウールニットはドライクリーニングをおすすめしております。
正しい洗濯方法でお手入れ頂けましたらご自宅でも洗うことができますが、その際は手洗いをおすすめいたします。

サブタイトル02


●●●● 洗濯前の注意事項 ●●●●

・手洗い表示のニット製品を洗濯するにはぬるめのお湯で押し洗いするのが基本です。
JOHN SMEDLEYのウールニットは30℃程度のぬるま湯を用意します。
・洗う前にニットのサイズをおおまかに測っておくと、洗った後に形を整えやすくなります。
・ウールはアルカリに弱いため、中性洗剤を使用します。(おしゃれ着用洗剤や、ウール専用洗剤など)

サブ画像01

30℃程度のぬるま湯を張り、水量に対して洗剤の表示に従った適量を溶かします。水温と洗剤の量、そしてよく溶かす。これがポイントです。

サブ画像02

ボタンやファスナーをとめて裏返します。汚れがひどい部分を表面に出すようにたたみます。

サブ画像03

洗剤液に浸します。洗剤の入ったぬるま湯につけて押し洗いをします。強く押したり、もんだり、こすったりしないでください。また長時間つけていると、色落ちや縮みの原因になります。短時間で洗い上げることが大切です。

サブ画像04

ニット製品が十分に浸かるくらいのぬるま湯の中でやさしく押しながらすすぎます。途中ぬるま湯を入れ替えながら、洗剤の泡が出なくなるまで丁寧にすすぎましょう。

サブ画像05

やさしく脱水します。ぞうきん絞りは絶対にしないでください。バスタオルを広げ、その上に洗濯物をおきます。巻き寿司のようにくるくると巻いていきます。

サブ画像06

平干しで陰干しにします。(市販の平干しネットを使うと便利です)直射日光は色あせや黄変の原因になるばかりでなく、縮み方も大きくなります。手で形をきれいに整えて縮みを防ぎます。

●●●● 洗濯後に ●●●● 

※陰干しした後は、あて布をしてスチームアイロンを浮かしながら丁寧にかけ、形を整えてください。
ニットは毛がふんわりしてこそ風合いが出ます。
押し付けてアイロンをかけてしまうと、毛が寝てしまい、てかりが出てしまうことも。
風合いを損なわないためにも、アイロンがけは丁寧に。

PICK UP ITEMS

Page Top